子だくさんパパの奮闘日記

子供の成長をずっと見届ける親に!健康でいられる生活を!

NBA2016王者はキャブス。レブロンの涙に心打たれる。

      2016/07/14

final_1impilje6l90t1oion3cfjksaq

 

NBA2016の優勝チームが決まりました。

優勝チームは

NBAのキングことレブロン・ジェームス率いる

クリーブランド・キャバリアーズだ。

 

NBAファイナル決勝は

キャブス対ウォーリアーズ。

去年と同じ顔ぶれでした。

 

73勝9敗とNBAシーズン最勝記録を樹立したウォーリアーズ。

ファイナル決勝もウォーリアーズの3勝1敗とあと1勝でウォーリーアーズの優勝が決定するところでした。

ところが1勝3敗から怒涛の追い上げを見せ、

キャブスは3勝3敗のタイまで持ってきた。

これはNBAでは50年ぶりの快挙だそう。

ウォーリアーズの圧勝だと思ってたんだけど・・・

 

スポンサーリンク

 

 

そして最終第7戦。

シーズン最勝記録を樹立したウォーリーズが勝つだろうと俺は思ってた。

だってバスケの神様、マイケル・ジョーダンが樹立したシーズン

72勝10敗の記録を破ったウォーリアーズだ。

 

第6戦でセンタープレイヤーのボーガットが膝をケガして最終戦に出れない。

控えセンターのエジーニには身が重い。

 

最終戦は最終コーター残り1分を切って同点。

もしかして延長まで行くかと思ったけど、

キャブスのガード、アービングが3ポイントを入れて逆転。

見事、初優勝を飾った。

 

とにかく背の低いウォーリアーズ。

「バスケは身長じゃねぇんだよ!」

っていうのを世界最高の舞台で見せつけてた。

そしてNBA二連覇を達成するだろうと思ってたけど、

まさかの逆転負け。

3勝1敗にしたのだから今年も圧勝でウォーリアーズだと誰もが思ったであろう。

 

ウォーリアーズが逆転負けした理由は、

エース・カリーの不調。頑張ったけど・・・第6戦は退場してしまった。

大黒柱のボーガットが抜けたのも痛かった。

センターが補強できれば来年も無敵の強さが戻ってくるんじゃないだろうか。

 

 

キャブスの

1勝3敗からの逆転優勝はNBA新記録!

NBAのキング、レブロン。

あまりの嬉しさに泣きじゃくってた。

レブロンは以前、マイアミ・ヒート時代にNBA優勝を経験している。

以前も書いたけど優勝できない古巣クリーブランドから、

優勝するためにマイアミ・ヒートに移籍した。

古巣に戻ってからまだ2シーズン。

正直言ってまだ優勝には早いと思っていた。

 

スポンサーリンク

 

 

ところがここまで泣きじゃくるレブロンを見たときに、

相当につらい思いをして勝ち取った優勝なんだなと感じこっちも涙が出てきた。

俺は実はウォーリアーズを応援してたけど (ブログ見てたらわかるかな・・・)、

このレブロンの涙に拍手を送った。

 

クリブーランドから移籍した当初はユニフォーム燃やされたりしてた。

だって生まれ故郷のクリーブランドでは優勝できないってことで移籍したんだから。

裏切者扱いだっただろう。

 

古巣に戻っての優勝。

故郷で優勝したいために、

ヒートに移籍し、優勝するための戦術や技術、意識を学んできたのではないか?

とこの優勝で思ってしまった。

 

実はクリーブランドで優勝したスポーツチームは無いらしい。

クリーブランド市民は大いに喜んだでしょう。

 

MVPもレブロン。

本当におめでとう。

nba-finals-game7_nyyte483p94u1otgbzev2ze5x

 

 

来年はどこのチームが上がってくるだろう。

 

キャブスにウォーリアーズ、サンダーなど

来年も面白いプレーが見れるだろう。

 

 

 

PS

NBAに刺激され、久しぶりに子供たち連れて練習に行きました。

体はボロボロ。

腰は痛くなるし、数日して膝まで痛くなってきた。

この年になってもまだバスケしたいと思うんだから、

相当なバスケ馬鹿です。

痛みが引いたらまた行って、ぼちぼちで良いからバスケします。

 

「安西先生、バスケがしたいです」

この年でもそう思います (笑)

 

スポンサー

 - バスケ, 家族

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示