子だくさんパパの奮闘日記

子供の成長をずっと見届ける親に!健康でいられる生活を!

台風が直撃しても大丈夫で安心な最大の備えや心構えとは?

   

310261-AUT-012

 

台風12号が間もなく九州北部地方に上陸する。

学校や幼稚園では金曜日に早々と月曜日は休みに決定した。

わが子たちは喜んでいるが、

これは正しい判断だろう。

月曜日には台風が上陸しているらしいが、

俺はもちろん出勤の予定だ。

公共の交通機関で出勤しているので(本当は自転車)、

JRなどが動かない場合は出勤できないが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

台風に備える

 

台風の備えについて詳しくは下記の、日本気象協会のホームページを見て下さい。

http://www.tenki.jp/docs/note/typhoon/page_5

 

 

今回は幸い土日が休みで休みの日に台風の備えができた。

 

食料品の買出し

パン、牛乳、納豆、水、その他非常食、ついでにビールも(笑)

 

ベランダの整理

・ベランダに置いてある物を片付け

・倉庫の扉をガムテープで補強
(以前の台風のとき風で扉が外れた)

 

窓ガラスの補強

わが家のマンションは古く、

サッシの建てつけがよくない。

サッシを閉めてカギをかけサッシを揺らすと見事にガタガタ音がする・・・

 

なので窓ガラスにガムテープを貼る。

窓ガラスに対角線上に×のようにガムテープを貼る。

それでも不安な場合は×を囲むように□に貼ればより安心だろう。

これで万が一、物が飛んできてガラスが割れることがあったとしても、

飛び散りが少なくなり、ケガをする割合が減る。

小さな子供がいるわが家では、やっておかなければならないこと。

 

外出は控える

学校は休みになったので、絶対に外出してはならない。

土砂災害の恐れがあると判断した場合は、近くの避難所に避難する。

避難所は普段からどこなのか確認が必要だ。

わが家の場合は幼稚園か小学校かにしている。

これは子供たちにも伝えているので、

もし何かあって逃げる場合は小学校か幼稚園に非難するようにしている。

 

やむなく外出する場合でも、

・川沿いや海沿いへは行かない。

・台風情報を逐一確認する。

 

突風で何が飛んでくるかはわからないので、

徒歩での移動は避けたほうが良いだろう。

 

一度、車で移動したことがあるが、

突風によりハンドルが取られる。

車が向かい風になると進まない・・・

運転も控えたほうが本当は良い。

 

台風が過ぎ去るまでは、家にいるほうが安全な確立は高いだろう。

 

スポンサーリンク

 

 

台風のときは欠勤のおすすめ

 

明日は月曜日。

なるべく仕事は休んだほうが無難だろう。

 

うちの会社はなにがあっても公休扱いをしないケチな会社なので、

明日休めば有休ということになる・・・

 

どんな大企業や良い会社でも、

自分の体は自分で守らないと誰も守ってはくれない!

家族自身も親である俺と嫁しか子供たちは守れない!

もちろん嫁は俺が守るしかない!

 

何かあっては遅いので

明日、台風が直撃したならば俺は有休を取る!!

 

仕事が1日遅れても、次の日に頑張れば取り戻せる。

でもケガしたら、それこそ取り戻せないし会社は何も保障してくれない。

 

これはある意味、災害にとっての最大の備えとも言って良いだろう。

 

家族の大黒柱は俺だから!

 

家で俺の代わりはいないけれど、仕事の代わりは誰かがいる!

これは責任あるポストについている人にも当てはまる。

 

家族よりも大切な存在はこの世に存在しないはずだから!

 

 

スポンサー

 - 台風, 家族

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示