子だくさんパパの奮闘日記

子供の成長をずっと見届ける親に!健康でいられる生活を!

ハロウィンの起源を知れば仮装した若者は街に出なくなる??

   

今日はハロウィン。

街では仮装した若者がごった返しているけれど、そもそもハロウィンて何だろう??

わが家では子供4人もいるからハロウィンパーティしてそうとか思われるかもしれない。

子供たちからは「ハロウィンパーティしよう!」と言われるが、

断固として行なっていない!

だって日本人には全く関係のないものだから、クリスマスだけで勘弁してくれ(笑)

 

小学6年生の長女は土曜日に友達の家に行き、ハロウィンパーティをしてきた。

その夜に会社の人と飲み会を俺はしたんだけれど、街中は仮装した若者でごった返してた!

もちろん俺は飲みに行っただけ(笑)

 

意味が分かってハロウィンのお祝いしている人間がどれくらいいるのだろうか?

そもそもハロウィンとは何なのかちょっと調べてみた。

 

スポンサーリンク

 

 

ハロウィンとはどこから始まったものなのか??

 

ハロウィンとは毎年10月31日に行なわれ、古代ケルト人が起源と考えられている祭りである。

秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的な意味合いがあったそう。

ケルト人は11月1日が年の始まりらしく、その前夜祭がハロウィン。

死者の霊が家族を訪ねて帰ってくると信じられていて、

同じくして出てくる有害な霊や魔女から身を守るために仮面を被っていた。

 

古代ケルト人とは紀元前に西ヨーロッパに移住した移民族であり、神の信仰もなかったようである。

宗教とは無縁だったが、後にキリスト教に改宗していったようである。

つまりハロウィンは元々キリスト教ではないのだ。

 

死者の霊が家族を訪ねて帰ってくるというのは、日本でいうお盆のような感じに思うのは俺だけではないだろう。

 

 

現代ハロウィンの実態

 

アメリカ大陸が発見されてハロウィンも伝わっている。

カボチャをくりぬいたものにロウソクを灯すものは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれている。

ハロウィンと言えばカボチャと思うけれど、ケルト人はすぐに手に入るカブだったらしい。

アメリカ人がすぐに手に入ったものはカボチャだったのだろうか。

 

4eb1bf035cc2090c1ecf662db2be8ef4_s

 

アメリカではハロウィンは一大行事になっている。

アメリカの習慣は当然日本でも習慣になり、近年のようなお祭り騒ぎになっている。

 

ハロウィンに参加する若者はストレス発散や面白いから参加しているだけというのが大半らしい。

ハロウィンの本当の意味を知っている若者は少ないだろう。

そして街中に出てバカ騒ぎした後のゴミの山はひどい!

ハロウィンに参加した若者の一部がゴミ集めをしていたのがテレビに出ていて印象深かったけれど、

ハロウィンを少しでも良い印象にしようとするマスコミの策略のように感じる。

本当にごく一部の参加者がゴミ集めをしているんだろう。その行動は立派だけれどね。

 

ただの仮装大賞ならば欽ちゃんの仮装大賞に出てお茶の間を盛り上げてもらったほうが有意義に思う(笑)

年に1回、1月か2月に行なわれてるみたいなので是非参加して欲しいよね。

 

 

 

わが子たちも大きくなったらハロウィンに参加しようと街に出るだろう。

楽しむのは良いけれど、

分別のある行動を教えておかないと犯罪に巻き込まれないとも限らない。

しっかり今から教育していかないといけない。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

ハロウィンとは古代ゲルト人が

・秋の収穫を祝う

・悪霊などを追い出す宗教的な意味合い

・死者の霊が帰ってくると信じられていた

 

日本でいえばお盆にちょっと似ている。

お盆にバカ騒ぎする日本人はいない。

若者でもそうだろう。

今やアメリカのお祭りのようにハロウィンを真似ている。

アメリカのお祭りを真似るのも良いけれど、

本来のハロウィンの意味を知れば、街中で仮装大賞しようとは思わないだろう。

 

「ハッピー、ハロウィン」

とよく聞くけれど、

お盆に

「ハッピー、OBON」

なんて言わねーよ!!

 

 

 

スポンサー

 - 家族

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示