子だくさんパパの奮闘日記

子供の成長をずっと見届ける親に!健康でいられる生活を!

ノロウイルスの感染を予防し餅つきで感染しない対策をしよう

   

この前、三女の通う幼稚園で餅つき大会が行われた。

この餅つき大会を最近自粛するところがあるらしい。

その原因はノロウイルスだそうだ。

餅つき大会がノロウイルスで自粛・・・

子供が楽しみにしている餅つき大会がこんなことで中止にならないためにはどうすればよいだろうか?

餅つき大会が中止になってはたまらない!

古くから続く日本の伝統行事をノロウイルスから守るためには?

 

スポンサーリンク

 

 

ノロウイルスとは?

 

ウイルス性の胃腸炎で、冬場に流行し感染力の大変強いウイルスだ。

主に人からの感染や食品から感染し、嘔吐、下痢、腹痛の症状を引き起こす。

幼稚園や小学校などで集団感染しやすい。

また人の腸管内のみで増殖し、100個以下のウイルスでも感染する非常に感染力の強いウイルス。

ちなみにインフルエンザは数千万個で症状が現れるらしい。

どれだけノロウイルスの感染力が強いかわかるだろう

しかも過去にノロウイルスにかかっても免疫ができず何度でも感染する厄介なウイルス。

 

症状には嘔吐もあるので、子供が嘔吐したものを片付ける場合にウイルスに触れ大人もかかる恐れがある。

 

 

ノロウイルスにならない対策

 

これだけ感染力の強いノロウイルスにはかかりたくない。

どうやったら予防できるだろうか??

 

次亜塩素酸水

ちょっと聞き慣れない言葉だけれど、食品添加物にも使われている安全性の高いもの。

ノロウイルスに一番効果のある薬品!

それと有機物に触れると活性化が低下する。

つまり菌に触れると普通の水に戻るという、かなり安全性が高いというメリットもある。

家庭で作るのは困難なようなので購入するしかない。

 

 

手洗い

帰宅したときやトイレに行ったとき菌がたくさん付いている。

学校や幼稚園から帰ってきたときは特に手洗いをわが家も徹底している。

手洗いもさっと洗うだけではダメ!

・石鹸をつけて、指の間、爪の間、手首まできれいに洗う。

・石鹸を流水で洗い流す(30秒ぐらい洗い流したほうが良い)。

 

とにかくきれいにすることが大切。

 

 

餅つき大会でノロウイルスに感染しないために気を付けること

 

不特定多数の人が餅に触れるから餅つき大会での感染が多いからだろう。

どうやったら感染を防ぐことができるだろうか?

 

・臼や杵などの道具をきれいにしておくこと。

・手返しの器を毎回きれいにする。

・餅に触れる人はあらかじめ決めておく。

・餅に触れる人の健康状態に注意しておく。

・餅に触れる人に手袋、マスクをさせる。

・子供たちにも手洗いの徹底をさせる。

 

これだけでノロウイルスの脅威から予防できるだろう。

ウイルスは目には見えないものだから、手洗いをしない人がいるのかもしれない。

ノロウイルスは感染力が非常に強く恐いウイルスだということを理解するべきだろう。

 

餅つき大会でノロウイルスに感染するのは、

参加した大人がノロウイルスのことを知らずに手洗いをせず、清潔にしなかったことで起こることだろう。

つまり餅つき大会でノロウイルスに感染することは防ぐことができる。

つまり自粛はせずに注意することで防げるのがノロウイルスだ!

 

 

ノロウイルス発症

 

わが家でも次女がノロウイルスにかかったことがある。

原因は餅つきではない(笑)

小学校から貰ってきたようだ。

熱が38度、腹痛、嘔吐そして下痢。も~たいへん!

 

4人の子供がいるわが家は次女がノロウイルスにかかると知ると次女を隔離(笑)

家中みんなマスク(笑)

なにより大変なのは嘔吐で親である俺も感染の恐れがある。

もちろん飛沫感染もする。

布団で嘔吐されるとたまらない。しかも冬場。外は雨・・・

布団の干場がないけれど、とりあえず嘔吐物は洗い流し、コインランドリーへ・・・

 

嘔吐物を触ってしまったら石鹸でとにかくきれいに手洗い。

なんとか奇跡的に誰も感染しなかった!

 

感染している本人が一番つらいだろう。

熱はあるし、お腹痛いし、吐くし・・・

 

これだけ感染力が強いノロウイルスにはかかりたくない。

 

餅つき大会でノロウイルスが発生したら本当に自粛の可能性がある。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

ノロウイルスにかからないためには徹底した手洗い、うがいが必要。

これは他の病気にかからないためにも重要なことだ。

インフルエンザ対策にも良いだろう。

子供だけではなく大人も当然必要!

 

家に帰ったら手洗い、うがい。

これを習慣化させることが大事。

 

石鹸をつけ、指の腹や間、爪の間、手首まできれいに流水で洗い流そう。

 

ウイルスが好きなやつなんていないはずだ!

 

子供がかかると親もたいへん!

 

 

スポンサー

 - 子供の病気, 家族

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示