子だくさんパパの奮闘日記

子供の成長をずっと見届ける親に!健康でいられる生活を!

小学校の卒業式には袴を着る 着付けが楽でトイレに行きやすいものを選ぼう

   

もうすぐ長女の小学校の卒業式。

俺が小学校のときは卒業式だからと言って何か特別なものを着た覚えはない。

記憶がないのかもしれないし、男だったからかもしれない。

でもこの前、長女がこれが着たいと言ってきた!!

いったい何でしょうか?

俺には想像もできなかった。

 

スポンサーリンク

 

 

流行ってるのか??

 

長女はこれが着たいと言い出した。

「袴が着たい!!」

 

俺は「えっ・・・」

袴を卒業式で着るのは大学生だけじゃないの??

 

嫁に聞くと流行ってるようだ・・・

隣接の小学校は袴は去年から中止になったらしい!

でも長女の通う小学校は中止ではない。

先生に聞くと

「派手にならなければ」

と言われたそう。

 

袴を着る友達は10人ぐらいいるらしく、

派手にならなければと言われても確実に目立つでしょう(笑)

来年からは中止になるかもしれないな・・・

袴はレンタルもあるが、わが家は購入した。

なぜ購入したかというと、もし来年も袴がOKならば、

次女も着せれるし、袴がずっとOKならば三女まで着られる。

これに賭け、俺も袴を着るのをOKにした(笑)

 

 

袴を着るのが中止になる理由

 

確かに女の子なら袴を着たい気持ちもわかる。

でも隣接の小学校では袴は禁止になったそうだ。

なぜ禁止になったかというと、

 

・トイレに行きにくい。

・袴を着ていると袴の裾を踏んでコケてしまうらしい。

 

こういう理由があり禁止になったそうだ。

折角、買った袴なんだから来年以降も次女や三女も着られるように

どうか禁止にならないでくれと祈るばかりである。

 

 

袴には問題がある!

 

小学生の女の子が憧れる袴には問題がある。

卒業式の俺の勝手なイメージはこれ↓↓

 

矢絣柄と言うらしい。

これの紫が長女はお気に入りらしい。

でも普通の袴しかない。普通の袴とは大人と同じもの。

つまり着付けが必要になる。

嫁は袴の着付けはしたことがない。あるはずがない(笑)

 

卒業式の当日の朝早くから着付けに行かせるのも面倒。

しかも着付けや髪の毛のセットにもお金がかかる。

 

そこで小学生にも着られる、

トイレにも行きやすい、

そんな都合の良い袴がないか探してみた。

 

ネットで探すもなかなか見つからずイオンにあると言うことで行ってみた。

そしてイオンにはあったのだ!!

小学生でも簡単に着られる簡単袴が!!

 

種類は3種類。しかも12,800円と激安。

ちなみに同じものがサンリブにもあった。

長女はイオンには習い事があったので一緒に行かなかったので写真を撮ってみせた。

 

色が気に入らないらしい。

「これなら袴は着ない」

 

かわいい長女の頼みだし、大学に行かない限り袴を着ることはないから

更にネットで探してみた。

俺もかなりの親バカだ(笑)

 

 

お気に入りで簡単着付けの袴を見つけた

 

それがこれ↓↓

 

ちなみに選んだのは赤。

届いてすぐに着せてみた。

袴の着付けなどしたことのない嫁でもできた(笑)

長女もご満悦!とてもかわゆす(笑)

ただ身長145cmのやせ形の長女にはちょっと大きい・・・

裾上げが必要になる。

 

 

袴以外に必要になるものがある

 

レンタルならばフルセットで貸してくれるところもあるが、

上記の購入ならばフルセットではない。

まだ金がかかる・・・トホホ

お願いだから来年は中止になりませんように!!

必要なものは下記。

 

・ブーツ

・足袋

・コート

 

外を歩くときはブーツらしい・・・

男の俺には理解できないが草履ではなくブーツもありらしい。

卒業式当日が雨ならばブーツが確かによい。

特に長女は雨女だから(笑)

ブーツを履くことで袴の裾は少し短めでもよいらしい。

つまりコケにくい。

 

 

足袋は教室にいるときには足袋がいる。

 

コートは袴のみだったら寒いからいるらしい。

 

全て嫁の受売りだけれど、こんなオプションがいるとは聞いてないよ!!

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

小学校によっては袴を着れるところがある。

でも華美になりすぎると来年以降は中止になることもあり得るので、

なるべく派手になりすぎないように。

 

袴は着付けが必要。

着付けが苦にならないならば大人用でも問題ないが、

大抵の方は朝早く起きて美容師さんにお願いする必要がある。

もちろん髪の毛のセットも必要。

 

簡単に着付けができるものもある。

ただ種類が豊富ではない。

 

もちろんレンタルもあるけれど、購入しても金額は大差ない。

レンタルももちろん着付けが必要。

 

わが家と同じように2、3回着るチャンスがあるならば購入もあり。

 

大学でも行かない限り袴を着ることはないだろう。

子供がどうしても袴を着たいと言い出したら検討してみて下さい。

 

わが家は来年以降も袴が中止にならないように願うばかり(笑)

 

 

スポンサー

 - 家族

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示