子だくさんパパの奮闘日記

子供の成長をずっと見届ける親に!健康でいられる生活を!

地震の恐さを身近に感じる!倒壊、音信不通!トラウマやボランティア活動。

      2016/07/14

f62bbf7c85a22a691495caa051b36bfe

 

今日は地震明けの平日の月曜日。

仕事に行ってきた。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ある製作物を、福岡に本社があり熊本に工場も持っている会社に、製作をお願いしていた。

今日が納入日だったが熊本で製作しているものはさすがに届かないだろうと思っていた。

ところが今日午前中に届いたのだ!

荷物の住所を見ると熊本県菊池郡大津町。

今回の震源地益城町から10kmと離れていないのだ!

無事なのかと思い福岡本社の担当者に電話してみた。

 

「お世話になります。熊本から荷物届いたけど大丈夫なんですか?」と僕。

「本震が起こる前に送ったんだと思います。」と担当者。

「え、それで熊本工場はどうなんですか?」と僕。

「連絡つかないんですけど、倒壊したそうです。」と担当者。

 

熊本工場は倒壊していたのだ。

 

絶句だった!

荷物は一回目の余震(本震だと思った地震)の後に出荷したらしかった。

その次の日の本震で工場は倒壊したらしい。

 

一部製作に時間がかかるものが出荷されていないが工場が倒壊しているならばもう出荷は無理だろう。

仕事はもういいから熊本工場の方は自分や家族のために避難して欲しい。

果たして社員の方は無事なのだろうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

うちの会社の女の子に熊本出身の子がいる。

ご実家は熊本の菊陽町。

益城町と大津町のちょうど間にある益城町の隣町だ。

幸いご実家は倒壊しなかったらしいが家の中はめちゃくちゃで

ご両親は車で寝泊りしているそうだ。

明日から実家に帰り、手伝いをしたりボランティア活動をするそうだ。

会社の有志一同でカンパしたので飲料水などを買っていくそう。

くれぐれも注意して欲しい!!

 

身近でこういうことが起こってる!

もう人事ではないのだ!!

地震大国日本

いつどこで地震が起こるか分からない!

地震に備えて準備できるものは準備しておかないと。

 

関連記事

 

うちの2歳の長男のちびは地震の警報が携帯から鳴るたび、半泣きになり怯えてる。

それだけ恐い思いをしたのだろう。

トラウマになっているのか・・・

「パパ、パパ!!」

と寄ってくる。

普段は嫁に行くのに、

いざというとき守ってくれるのは

「パパだ!!」

と幼いながら分かるんだろうか?

 

被災されてる方はもっと恐い思いをしているだろう。

 

1日も早い復興を願い、亡くなられた方には心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

スポンサー

 - 地震

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示