子だくさんパパの奮闘日記

子供の成長をずっと見届ける親に!健康でいられる生活を!

努力すれば報われるという名言を子供に身を持って教えたい。

      2016/08/19

うちの三姉妹はチアダンスを習ってる。

今日、上2人のチアダンスのテストがあった。

幼稚園のときからチアダンスをやってるので

うまいと思うかもしれないけど、実はそうでもない。

もうチアダンス始めて長女は9年、次女は8年になる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

長女はそこそこうまくて今日の1次審査のテストは見事合格。

次女は練習が嫌いで自宅で自主練習しないので、

8年もチアダンス習ってるのに体がかたい・・・

毎日のように

「ストレッチしなさい!」

って言ってるけどやらない・・・

長女は怒られるのが嫌なのか言われるとやってる感じ・・・

 

今日テストなのに仕事から帰ってみるとダラダラしてる。

しびれを切らして僕がストレッチの手伝い。

1ヶ月前に比べたら少しはやわらかくなってる感じ。

テストは「ヒール」と呼ばれるもの。

Y字バランスのことだ。

 

203643

 

足を上げて8秒間キープするという内容。

今まで次女は足さえつかめない・・・

それが今日は僕がストレッチをしたせいか

何とテストで5秒間つかめたのだ!

 

5秒間なので当然テストは不合格・・・

でも5秒間だけどキープできたことで

自信になったみたい。

「これからもチアダンス頑張りたい」

と言って来た。

 

このテストに落ちたら

「チアダンスは辞めさせる」

と子供たちに言ってたけど、

やっと打ち込んでくれるかもと思ったので続けさせることにした。

甘いなぁって自分でも思うけど、

このテストを境に何かに打ち込んで頑張れば結果はついてくると言う事を

身を持ってわかってほしいのだ。

 

次女には前こんなことを言ったことがある。

 

俺:「週1回1時間チアの練習しよるよね?」

次女:「うん」

俺:「1週間で1時間、1ヶ月は4週間あるから1ヶ月で4時間、

1年間は12ヶ月あるから、1年で48時間チアの練習したんよ、わかる?」

次女:「う~ん・・・」

俺:「1年で48時間だから、1年で2日間だけチアの練習したんよ、わかる?」

次女:「えっ」

俺:「チア8年やってるから8年間で16日間チアの練習したんよ。

8年で16日したんよ。うまくなる?」

次女:「ならん・・・」

俺:「だから後からチア始めた子に抜かれるんよ」

次女「・・・」

 

これだけ言っても自主練習しなかった・・・

 

どうやったらやる気が出るのか嫁とも話し合った。

今回のテストで落ちたらもう辞めさそうってなってた。

というか受かるはずはない。

案の定テストには落ちた・・・

でも進歩があったのだ!

もしかしたら今だけやる気になったのかしれない。

でも親としてやる気になったかもしれないわが子の芽を摘むことはできない!

 

秋にはチアダンスの大きな発表会がある。

センターで踊れるように今から努力して欲しい。

『努力したら結果はついてくるんだ』

ってことを学んで欲しい。

これは学校でも教えてくれないかもしれない。

努力してもどうしても報われない壁ができることはもう少し大きくなってからでいい。

挫折する。落ち込む。そして這い上がるのはもうちょっと先でいい。

 

自分で決めた道は何があってもあきらめない!

このことは身を持って学んでもらいたい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

僕もバスケを子供の頃から、つい最近までしてた。

何かに打ち込むものを見つけてもらえたらと思う。

これは親のエゴなのかな・・・

 

何か打ちこめるものがあれば何かでミスをしたとしても

また頑張れる日がくる。仲間ができる。

 

去年、中学校のときのバスケの先生の定年祝いをしたときにこう言われた。

「これからの人生何があっても、あの苦しい練習に耐えたお前たちなら何でも乗り越えていける」

確かにあんなに苦しい思いをしたのは40数年生きてきてない。

それだけきつい練習だった。

思い出すだけでぞっとする・・・

 

自分で自分を褒めてあげたい。

わが子たちにもこう思えるような日が来ることを願いたい。

いやきっと来るだろう!!

俺の子だから!

なんちゃって・・・

 

 

スポンサー

 - 家族, 教育

// 次の記事がある場合にリンクを表示 // 前の記事がある場合にリンクを表示